あいする金沢。

日々「好き」が増す金沢のこと、私なりに。

広坂シュプレーモ。

前から気になっていた広坂通りの シュプレーモさん。 のどが乾いていたのでクリームソーダを。 先にアイスを食べて、 透明なソーダを楽しむのが好きです。 ドラムセットやミラーボール、そしてレコード。 夜に来るのも楽しそうです。 オムライスも食べたい。…

2.別院通り口〜ふらっとバス・此花ルート。

雪シリーズを控えめな雪吊りと共に。 雪を見ているだけで、 涼しくなる…ような気がします^^;

気分だけでも…。

梅雨がまだ明けていないというのに まるで真夏のような暑さですね。 今年も酷暑っぽい… 夏が苦手です。 だから気分だけでも涼しくなるように 本多の森公園と兼六園下の雪景色をお届け。 誰かが作った雪だるま、かわいいです(^^)

黄金の茶室。

箔座本店で「黄金の茶室」を見学しました。 ユネスコ無形文化遺産の「縁付金箔」で つくられた茶室は眩しく、美しいばかり。 お店の方がいろいろ説明してくれましたが、 あまり覚えていません、ごめんなさい^^; ただただ見惚れておりました。 《箔座 本店》 …

油車。

日が暮れる直前に見つけた油車。 夕暮れと鞍月用水の流れる音が なんだかとてもここちよかったです。 【藩政初期、油屋与助という油屋が この地に水車をつくり 灯油などの製造をしていたことから この名がついた】

榮昌庵。

西町の奥まった場所にある榮昌庵、 すぐそばに出世地蔵尊もありました。 宿坊として泊まることも出来るそう。 まちなかの宿坊、ですね。 《榮昌庵》 金沢市西町4番丁14 番地 http://eisyoan.jp/

にし茶屋街。

ひがし茶屋街、主計町、と並んで 金沢の三茶屋街のひとつ、にし茶屋街。 訪れたのは百万石まつりの少し前。 ちょうちんがいい感じで風に揺れておりました。 入口にはにし茶屋街ゆかりの作家、 島田清次郎の「地上」の一節が。 【あゝ、この感情、この真理、 …

五郎島金時のモンブラン。

地元のスーパーで見つけた 五郎島金時のモンブラン。 優しい甘さと生クリームとスポンジが ベストマッチ。 おいしくいただきました。 珠洲、能登方面の地震が心配です。 被害が大きくなりませんように。

WISDOM。

市役所の駐輪場近くにひっそりと建つまちアート。 作者はエジプトの彫刻家とのこと。 以前は市役所広場の目立つところに あったらしいです。 なぜ移されたのかな、 元の場所には戻らないのかな、気になります。 雪あります^^; 《WISDOM》 金沢・まちなか彫刻…

紺屋坂。

兼六園そばの坂道。 おみやげやスイーツのお店がずらりと並びます。 お店には目もくれず、まちしるべと坂道に集中。 ひとつ気になるお店があるので、 今度行ってみましょうか。 https://www.amenouta-kanazawa.com/ 【加賀藩初期に藩の御用染商館紺屋孫十郎が…

まだ行ったことないです。

国指定重要文化財の成巽閣。 まだ見学したことがありません。 13代藩主前田斉泰が母の眞龍院のために 整えたという成巽閣。 重厚な門構えや海鼠壁を見ただけで 素晴らしい建物であることがわかります。 群青の間、ぜひ見学したい。 おまけは医療センター近く…

18.天神橋〜ふらっとバス・材木ルート。

バス停から天神橋へ、 天神橋から浅野川を眺めます。 穏やかな流れにココロが静かになりました。

化鳥。

暗がり坂から中の橋へ向かいます。 中の橋は泉鏡花「化鳥」の舞台とされた場所で、 近くには「化鳥」の一節の碑が。 そして金沢市眺望点にも指定されています。 ここからの眺めは素晴らしいですが、 橋自体も大好きです。 【「吹込みますから、お前も此方へ…

天ぷら専門 イチバン。

朝に前を通ってシンプルなちょうちんに惹かれ、 夜にひとりでふらりと行きました。 天ぷら屋さんにひとりで入るのははじめてで ドキドキ^^; 紅しょうが天、お酒との相性最高でした。 ひとりで軽く飲むのも、 誰かとゆっくり飲むのもいいですね〜 《天ぷら専…

Kacchu Anatomy。

「甲冑の解剖術」を観に行きました。 ひとつとして同じものが無く、まさに芸術品。 自分好みに仕立て、戦いへの士気を 高めたのでしょうか。 そして、甲冑と現代の技術の融合。 ほぼ撮影禁止でしたが、甲冑をスキャンして デジタル映像に変換したものは撮影…

紫陽花の季節。

今の金沢駅のディスプレイは紫陽花メイン。 いつも美しい季節の花々があり、 とても癒やされます。 ありがとうございます(^^)

七稲地蔵。

観音町を進み、観音坂手前左手にある寿経寺、 前にはお地蔵様がいらっしゃいます。 1858年の安静の泣き一揆の首謀者とされた7人を 供養した七稲地蔵様です。 米価高騰に苦しむ民衆が卯辰山の日暮ケ丘に上り 困窮の苦しさを城に向けて訴え、悲痛な叫びは 藩主…

久しぶりに歩く別院通り。

ゆっくり歩くのは久しぶりの別院通りです。 気になるお店がけっこうあるし、 小さな橋があったり、まちしるべもあったり、 コンパクトながら魅力満載のまちです(^^)

旧白銀町。

旧しろがねちょう。 ちらりと雪が見える景色、時々登場します。 【藩政初期は安江村であった。 町地が広がったため安江木町となり、その一角に 白銀細工師がいたため町名になったという】

PANMULTY。

いつかの朝はホワイトサンドで。 食パンもクリームも昔から食べ慣れているような 懐かしい味です(^^) コーヒーもいいけど牛乳のほうが合うような。 ごちそうさまでした。 《PANMULTY》 金沢市広岡1-5-3 クロスゲート金沢1F

20.本多の森ホール〜ふらっとバス・菊川ルート。

多分このあたりが一番美しいであろう 紅葉の頃の一枚。 つい先日、初めて大乗寺坂を通ってこのあたりへ。 キツかったです。 もっと体力つけないと!

あかり坂。

暗がり坂と並んで主計町の代表的な景色の あかり坂。 八稜鏡には、鏡花の向かい干支で生涯愛した ウサギが刻まれていますね、愛らしい。 【あかり坂 暗い夜の中のなかに明かりをともすような美しい 作品を書いた鏡花を偲んであかり坂と名づけた。 あかり坂は…

The Sundial。

東別院近くにあるオブジェ。 これ、ここに設置することを想定して 制作されたものだそうです。 「過ぎゆく時間を表現し、過去から未来に続く 時間の流れをモチーフとしている」 夜がステキです。 《The Sundial》 金沢・まちなか彫刻作品 国際コンペティショ…

泥足。

私設美術館kamukanazawaの 新プロジェクトとして本多公園に現れた 久保寛子氏の「泥足」。 もっと見ている人が多いかと思いましたが、 ラッキーにも誰もいなくて^^; いろんな方向から堪能しました。 9月30日まで展示されています。

旧胡桃町。

兼六園下の交差点、和菓子の中島さんの すぐ前にあるまちしるべです(^^) 【この地の東内惣構堀にかかる橋を 橋詰の染師黒梅屋の名によって黒梅橋と いったが、俗にくるみ橋と呼んだことから 明治四年この名で町立てされた】

Corpus Minor #1。

金沢駅前ルキーナ横のオブジェ、 駅から歩いて行くとひときわ目立ちます。 説明によると、 「2種類の鉄のピースを48個組み合わせ、 錆による風合いの変化を街の発展や時代の変化に 重ねあわせ制作された作品」だそう。 錆がこれからますますいい味に なって…

金澤町家情報館。

里見町から油車へ、散策していたら 偶然見つけた町家情報館。 江戸末期に建てられ旧川縁米穀店となり、 修復されて町家情報館へ。 少しだけ中を見学しましたが、 もっと時間をかけてゆっくりと見たいです。 明かりが灯った姿は格別でした。 《金澤町家情報館…

カプリ島。

行きたかったカプリ島。 待ち合わせはエムザ地下のレストラン街、 そこの一角にあると思いきや、違ってました^^; 昭和の雰囲気漂う地下街、そしてお店。 エビのクリームピラフ、最高においしかったです。 次は何を食べようか、グラタンかな~ 《カプリ島》 …

思い出ピアノ。

金沢駅地下広場の思い出ピアノです。 弾いている方がいたので、こっそり撮影。 流れるような美しい音色がもてなしドームにも 響きわたっていました。 地道に練習を続けよう。

千日町。

細い道ながら、なかなかの交通量の雨宝院前。 ここに千日町のまちしるべがあります。 車の邪魔にならないように気をつけて 写真を撮りました^^; 【この町に真言宗の雨宝院があり 山号が千日山であるところからこの名がついた】