あいする金沢。

日々好きが増す金沢のこと、私なりに。

富金豚。


f:id:mmayamaya:20210804164338j:image

おいしいトンカツが食べたい時に

富金豚、よく行きます。

今回は、正式な名前は忘れましたが^^;

ミルフィーユカツにチーズが

たっぷり入ったものを。

キャベツにはごまドレッシングを

たっぷりかけて。

 

安定のおいしさ(^^)

ごちそうさまでした!

 

《富金豚 金沢フォーラス店》

金沢市堀川新町3-1 金沢フォーラス6F

金沢駅金沢港口。


f:id:mmayamaya:20210803083925j:imagef:id:mmayamaya:20210803083957j:imagef:id:mmayamaya:20210803084029j:imagef:id:mmayamaya:20210803084104j:imagef:id:mmayamaya:20210803084320j:image

f:id:mmayamaya:20210803162937j:image

「百花繚乱」があるのが金沢駅の西口。

金沢港口とも呼ばれています。

鼓門で有名な東口(兼六園口)が

注目されがちですが、

同じくらいこちらも好きです。

竹のあしらい、蓮や睡蓮、

そして悠颺(ゆうよう)。

 

落ち着いた美しさがあります…。

 

 

 

百花繚乱。


f:id:mmayamaya:20210801180926j:image

金沢駅西口(金沢港口)にある

九谷焼の陶板レリーフです。

徽軫灯籠と金沢城の櫓、そして美しい花々。

これだけで金沢はステキなまちだということが

わかります。

 

まさに「百花繚乱」(^^)

 

 

 

水のいわれ。


f:id:mmayamaya:20210731095041j:image

金澤神社の手水舎の水は井戸水とのこと。

そして、金城霊澤と同じ水源の水です。

これも先日MROラジオのレポーターさんが

話していました。

そして「水みくじ」なるものを

体験していました。

知っていたらこの時にトライしたかった…

次回のお楽しみで(^^)

 

「水のいわれ

この水は明治十一年医学校教師オランダ人

ホルトマン氏の分析によれば良質の甘水で

ほとんど混合物がなく少しく硫化シャンカリの

応験があり軽量の鉄を含むという。

効用は貧血及び心臓の衰弱せる人に効あり。」

 

7 月31日より兼六園、他文化施設

休園、休館となっております。

再び会える日を信じて、待ちます。

 

《金澤神社》

金沢市兼六町1-3

 

スギヨ。


f:id:mmayamaya:20210730084826j:image

北陸在住ではないので、

滅多にスギヨの商品には出会えません^^;

でも昨日、近所のドンキで発見したので

即買いです。

ピンクのかまぼこ、しかも長い!

予め切ってあるので使いやすい!

料理しながら数切れつまみ食い…

 

まだまだあるのでしばらくは使えそうです(^^)

韓国語キーボード。


f:id:mmayamaya:20210724120228j:image

金沢の話ではありませんが。

 

韓国語。

ずっと勉強しておりますが、

最近はサボり気味でした。

でも、最近韓国語について、

意味とか読み方とか聞かれることが度々あり。

遅ればせながら韓国語のキーボードを導入^^;

忘れないように少しずつでも続けなくては。

 

以前は文化施設に行くと

韓国語のパンフレットももらい、

自分なりに訳していたので、復活しようかな。