あいする金沢。

日々好きが増す金沢のこと、私なりに。

旧西外惣構堀。


f:id:mmayamaya:20210505180801j:image
f:id:mmayamaya:20210505180702j:imagef:id:mmayamaya:20210505173727j:image

市役所とふるさと偉人館の間にある

「旧西外惣構堀」の遺構。

城の防御力を高めるため、外惣構と内惣構、

金沢城には二重に惣構が造られました。

その名残がまちのあちこちにまだ残っています。

そのまま残す場合もあり、

積み土をしたり新たに石垣を足して

残す場合もあるようです。

 

400年以上経ってなお受け継がれていく惣構。

当時の技術力の高さを表しています。

 

 

 

城南荘。


f:id:mmayamaya:20210503105307j:imagef:id:mmayamaya:20210503105335j:image

ふるさと偉人館の向かい側に建つ城南荘。

「北陸の鉱山王」と呼ばれた横山隆興の甥、

横山隆平が居宅として建てた建物です。

中を見ることは出来ませんでしたが、

土蔵もあるようで、だいぶ広そうです。

見学の機会があれば、

ぜひおじゃまして隅々まで拝見したい、

そんな建物です。

土塀も見事。

 

《城南荘》

金沢市広坂1-8-19

県指定有形文化財

小堀遠州像。


f:id:mmayamaya:20210429173551j:image

銭五の館に展示してある小堀遠州像。

歴史を勉強していて出てきた名前だったので、

「おぉ」。

3代利常公や4代光高公に茶の湯を教え、

「綺麗さび」ということばを創り上げた

優れた茶人だったとのこと。

キリリとした中にも優しさを感じられるお顔。

まさかここで小堀遠州に会えるとは

思わなかったので、

なんだかうれしかった(^^)

夜の石川四高記念文化交流館。


f:id:mmayamaya:20210426132320j:imagef:id:mmayamaya:20210426132343j:imagef:id:mmayamaya:20210426132413j:imagef:id:mmayamaya:20210426132431j:imagef:id:mmayamaya:20210426132449j:image

青空に映える四高記念館も好きですが、

雨に濡れたこんな夜の風景も好きです。

しっとりとして落ち着きます。

細部の意匠も美しい。

 

《石川四高記念文化交流館》

金沢市2-2-5

大野湊神社。


f:id:mmayamaya:20210425093406j:imagef:id:mmayamaya:20210425093449j:imagef:id:mmayamaya:20210425093524j:imagef:id:mmayamaya:20210425093548j:imagef:id:mmayamaya:20210425093606j:imagef:id:mmayamaya:20210425093642j:imagef:id:mmayamaya:20210425093710j:image

ちょうど七五三の時期に行ったので、

詣ののぼりが鮮やかでした。

前田利家公の時代から続く由緒の寺社で、

神事能や夏季大祭など、

その時期に訪れたい行事がたくさんあり、

市や県の文化財に指定されているものも

数多くあります。

 

神木でしょうか、

なにやらエネルギーを感じました。

神馬もいました(^^)

 

《大野湊神社》

金沢市寺中町ハ163

銭五の館。


f:id:mmayamaya:20210419092950j:imagef:id:mmayamaya:20210419093016j:imagef:id:mmayamaya:20210421135237j:imagef:id:mmayamaya:20210421135315j:imagef:id:mmayamaya:20210421135336j:imagef:id:mmayamaya:20210421135412j:image

f:id:mmayamaya:20210421135506j:image

f:id:mmayamaya:20210421135617j:imagef:id:mmayamaya:20210421135637j:image

銭屋一族の現存する屋敷の一部を移築して

当時の様子を再現した「銭五の館」。

記念館よりも興味深いモノか多く、

ずっとキョロキョロしていました:^)

 

高い天井に太い梁が巡らされていたり、

二階の部屋は優しい色合いだったり、

屋根裏のような部屋には

紙芝居のようなものがあったり。

住みたくなるくらい、惹かれる空間です。

 

《銭五の館》

金沢市普正寺町参字85-1